田沢切手の種類別での価値と買取相場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
田沢切手

田沢切手は大正2年から昭和13年まで発行されていた普通切手です。

名前の由来は、切手の図案を考えた人物「田沢昌言」氏の名字を取ってつけられました。

田沢切手は額面が11種類あり、高額な額面の切手は流通量が少ないため希少価値があります。

大正時代に発行された大正白紙切手の1円が最も価値があり、未使用で状態の良いシートだと60,000円以上の買取価格がつく可能性があります。

また、昭和白紙切手の高額面50銭と1円も希少なため、未使用だと10,000円以上の買取価格になる場合があります。

田沢切手の種類と買取相場

田沢切手は額面により買取価格の相場は異なります。

以下の表は、ヤフオクでの田沢切手の落札価格相場と複数買取店で店長として働いていた経験をもとに買取価格の目安を算出しています。

実際の買取価格は切手の状態や買取業者により異なりますが、多くの買取店ではヤフオクの金額を参考にすることが多いです。

そのため、自分の持っている田沢切手がいくらになるのかという目安としてご覧ください。

田沢切手の種類 買取価格の目安
大正白紙切手 100円〜40,000円
旧大正毛紙切手 100円〜30,000円
新大正白紙切手 100円〜20,000円
昭和白紙切手 100円〜20,000円

田沢切手は24年間発行されていたため多くの種類が存在しますが、大きく4種類に分けることができます。

用紙と額面、状態によっては、とても希少性があり買取価格が高額となる場合もあります。

田沢切手(大正白紙切手) 

田沢切手(大正白紙切手) 

発行年数 1913年(大正2年)
額面 5厘・1銭・1.5銭、2銭・3銭・4銭・5銭・10銭・20銭・25銭・1円
買取価格の目安 100円〜40,000円

大正白紙切手は大正初期に1年間だけ発行された田沢切手です。

大正白紙切手の見分け方としては、用紙にすかしがないことです。

発行期間が短かく発行枚数が少ないため、他の田沢切手よりも全体的に希少価値があります。

特に流通量が少ない額面10銭以上の高額な大正白紙切手は買取価格が高くなることが多いです。

切手の発行期間が短い理由は、田沢切手の前に発行されていた菊切手に偽造品が出る事件が起こったためです。

この事件以降に切手はすかしを入れた紙が、偽造防止のため使われるようになりました。

田沢切手(旧大正毛紙切手)

田沢切手(旧大正毛紙切手)

発行年数 1914年(大正3年)~1925年(大正14年)
額面 5厘・1銭・1.5銭・2銭・3銭・4銭・5銭・6銭・8銭・10銭・13銭・20銭・25銭・30銭・50銭・1円・5円・10円
買取価格の目安 100円〜30,000円

 旧大正毛紙切手は偽造防止のため、紙に「く」に似た縦の波型のすかしが入れられた田沢切手です。

このすかしは大正すかしと言われています。

他の田沢切手より額面の種類が多く、すかしが入っていて新大正毛紙切手と昭和白紙切手にない額面の田沢切手なら旧大正毛紙切手です

旧大正毛紙切手は高額の5円と10円が特に流通量が少なく、額面の中でも希少価値が高くなります。

田沢切手(新大正毛紙切手)

田沢切手(新大正毛紙切手)

発行年数 1926年(大正15年)~1933年(昭和14年)
額面 5厘・1銭・1.5銭・3銭・5銭・7銭・13銭・25銭・30銭・50銭・1円
買取価格の目安 100円〜20,000円

新大正毛紙切手は旧大正毛紙切手と似ていますが、旧大正毛紙切手より図案の横幅が狭くなっています

図案の横幅は新大正毛紙切手が18.5mmで、旧大正毛紙切手が19mmと微妙な違いがあります。

新大正切手の方が旧大正毛紙切手と比べると、昭和にかけて発行されているため切手の価値が劣ります。

希少価値の高い額面としては、50銭や1円の高額面になります

田沢切手(昭和白紙切手)

田沢切手(昭和白紙切手)

発行年数 1937年(昭和13年)
額面 5厘・1銭・1.5銭・3銭・5銭・7銭・25銭・30銭・50銭・1円・5円・10円
買取価格の目安 100円〜20,000円

 昭和白紙切手は田沢切手の中で最後に発行された切手です。

旧大正毛紙切手と新大正毛紙切手とは用紙とすかしの種類が違うので、そこの点で昭和白紙切手か見分けることができます。

昭和白紙切手のすかしは直線と半円が組み合わさった3本の線が入っていて、昭和すかしと言われています。

昭和白紙切手の印刷方法は2種類あり、平面版と輪転版が存在します。

こちらの切手は比較的新しく額面も低額が多いので買取価格に高値がつかないですが、50銭以上の高額面は発行枚数が少ないため買取価格が高額になります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。