赤猿切手の買取相場からわかる価値と偽物の見分け方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
中国切手 赤猿

赤猿切手(T46年賀切手 甲)は、1980年の十二支の年賀切手の一番手として中国郵政から発行された中国切手です。
中国切手の中では、トップクラスの人気を誇り、切手一枚で10万円、80枚つづりのシートで1000万円ほどで取引されたこともあります。

しかし、人気の裏返しかのように多数の偽物や模造品が出回っています。
この記事では、赤猿切手の買取価格の目安と、本物と偽物を見分けるポイントについて解説していきます。

中国切手「赤猿切手」に価値のある理由

赤猿切手にプレミア価格が付くようになった大きな理由は、当時の中国の情勢が考えられます。

1980年代の中国は毛沢東政権下で文化大革命が実行、社会主義の名のもとに娯楽や文化が弾圧され、切手収集も当然禁止されました。

輸出も規制されたために日本国内では中国からの旅行客が個人的に持ち帰ったものが大半を占めています。

これに加えて当初予定していた発行部数から300万枚も減り、実際には500万枚しか流通しなかったのも要因です。

中国切手「赤猿切手」の買取価格の目安

以下は赤猿切手を切手買取店で査定する場合の買取金額の目安です。

実際に切手買取店で複数店舗責任者として働いていた経験と、現在のヤフーオークションでの落札価格相場を元に算出しています。

シート(80枚) バラ(未使用) バラ(使用済)
赤猿切手の買取相場 100万円〜800万円 8万円〜15万円 5万円〜10万円

上記の表の通り、赤猿切手はバラでも高い買取金額が付きます。

発行当時の美しさを保ち、猿の顔が金色のものは「極上品」と呼ばれており、バラ1枚で15万円を超えることもあります。

ただし、買取価格は切手の状態により異なりますので具体的な金額を知りたい場合は、一度切手買取店で査定を行うことをおすすめします。

なお、切手買取店での査定は基本的に無料で行うことが可能です。

中国切手「赤猿切手」の偽物を見分ける際2つのポイント

赤猿切手は希少価値のある切手のため、市場にレプリカや偽物が多く出回っています。

赤猿切手のレプリカは、切手の右下に黒い斜線が引かれていますが、偽物はその斜線の上から消印を押して、あたかも使用済みの本物であるかのように見せかけて販売されています。

それだけにとどまらず、本物に見分けがつかないほど似せたものが流通しているのも事実です。

そこで本物を見極める際の大事な指標となるのが、赤猿の色合い・切手の状態の違いです。

色合いで見分ける

色合いで偽物を見分けるポイントは主に3つあります。

  • 子ザルの毛並み

前提として、偽物は本物と比べて雑に作られていることが多いです。

例えば、目は本物のほうがしっかり赤く塗られていて、偽物は薄い赤である場合もあります。肌は、本物は金粉をふんだんに使っているのに対し、偽物は使用していないので本物の画像と見比べると一目瞭然です。

最後に毛並みについてですが、本物はしっかりとインクを盛っていますが、偽物は拡大してみるとドットが浮かぶほどインクが薄いです。

切手の状態で見分ける

切手の状態で見分けるポイントも主に3つです。

  • 目打ちの欠け
  • 文字のにじみ具合
  • 裏紙の状態

目打ちに関しては、本物はバラバラなのに対し、偽物は均一になっていることがあります。

文字は形を模倣するのが難しく、本物の画像と見比べればわかります。

裏紙の状態というのは、切手はどんなに保存状態が良くても40年近くたつと、本物であれば経年劣化しています。

きれいすぎるものは偽物の可能性が高いです。

これまでさまざまな見分けるポイントを挙げてきましたが、今では本物と偽物を見分けるのが難しくなっています。

これらのことを踏まえて、もし買取に出したいのであれば最初に買取店で査定だけでもしてもらうことをおすすめします。

赤猿切手を模倣した切手

ここまでは個人・企業がレプリカを売り出していることを前提にしていましたが、実は国・地域規模で赤猿の希少性にあやかろうとして偽物を作ったところもあります。

初めに日本と比較的近い北朝鮮の切手を筆頭に、代表的なものを見ていきましょう。

北朝鮮発行の赤猿切手

北朝鮮 赤猿切手
北朝鮮では2013年に赤猿切手とよく似た切手が発行されています。

とはいってもハングル文字で書かれているのですぐに見分けられます。

正式な切手なのでバラ1枚100~300円で取引されています。

遼東半島解放記念小型シート

遼東半島解放記念小型シート

遼東半島が解放された記念に発行された切手です。シートには遼東半島が印刷されていますが、切手自体は赤猿そのものです。

こちらも数百円で取引されています。

ソロモン諸島発行の赤猿切手

ソロモン諸島発行の赤猿切手
ソロモン諸島で2016年に発行された切手です。

デザインも中国のものと大きく異なっていますし、目打ちに沿って切ると、「SOLOMON ISLANDS」の文字が入ります。

数百円程度で販売されています。

まとめ

中国切手を代表するプレミア切手「赤猿(子ザル)」はその人気さ故にたくさんの模造品が出回っています。

今回挙げた違いはほんの一例で、実際はもっと複雑で専門家の方でも瞬時には見分けられないものもあります。

そのため、持っている赤猿切手が本物か偽物かどちらなのか判断したい、いくらくらいになるのかを知りたい場合は、切手買取業者で無料査定を行うことをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。